「国土と国民を守れ!」街頭署名活動
〜平成22年12月21日 名古屋・覚王山〜
署名概略
拉致被害者救出
尖閣を守れ!
名古屋城横、国有地を中国へ売却反対!
 名古屋市千種区覚王山、本日は、日泰寺縁日により、人出が多い中、救う会愛知による、北朝鮮に拉致された日本人の救出署名と、日本会議愛知による支那中国から尖閣を守る署名、そして現在、名古屋城東側にある旧公務員住宅跡地を中国へ売却することに反対する、三種類の署名活動が行われました。
 三つの訴えは、なかなか難しいですが、「日本の主権を守る」という共通の問題であることから、ご理解いただける方も多く、中には「どれも、国のために必要なんでしょ」と言われ、お連れの方にも勧められる方もおられました。 また、平日にもかかわらず、スタッフも15名が参加してくださいました。寒い中、ご協力くださいましたこと感謝申し上げます。