5月15日は沖縄返還の日
5月14日名古屋駅、尖閣を守れ!街頭署名活動
 沖縄では5月15日(日)、祖国復帰の日を期して「沖縄県祖国復帰39周年記念大会」が開催。この日に合わせて各地で街頭署名活動が行われまました。ここ名古屋では5月14日(土)名古屋駅にて、小中学生も参加し、総勢18名で「尖閣を守れ!」街頭署名活動を、行いました。

本来この5月15日は、昭和47年に沖縄が祖国復帰を果たしたことをお祝いをするべき日ですが、米軍基地を押し付けられた「屈辱の日」であるかのように歪められ、沖縄はじめ全国各地で、反基地運動に利用される日になってしまっています。
このような中で、祖国と郷土を愛する沖縄の方々が、5月15日の復帰記念日に誇りを持ち、祝賀するとともに、尖閣諸島の主権と沖縄を守り抜く決意を込めて「祖国復帰39周年記念大会」を開催されました。

←若い人も積極的に参加

小学生も大活躍   →
 通行される皆さんの反応も上々、午後1時から3時までの2時間の間で200筆の署名協力をいただきました。
 お忙しい中、足をお留めいただき、署名をしてくださった方々に感謝申し上げます。
 また、スタッフの皆さんもお疲れ様でした。